「健康優良企業」に認定されました!

健康優良企業」に認定されました!

PAMグループ(株式会社ぱむ/株式会社ピース/株式会社アールストーン)が、健康保険組合連合会東京連合会が推奨する、健康経営に取り組んでいる企業として「健康優良企業認定証 銀」の認定を受けました!

株式会社ぱむ「健康優良企業認定証 銀」
株式会社ピース「健康優良企業認定証 銀」
株式会社アールストーン「健康優良企業認定証 銀」

「健康優良企業」とは?

健康企業宣言とは、健康優良企業「銀の認定」「金の認定」を目指して、企業全体で健康づくりに取り組むことを宣言することです。

職場の健康づくりに取り組む環境 を整える「STEP1」では、必ず「100%健診受診」を宣言するほか、①健診結果活用、②健康づくり 環境の整備、③食、④運動、⑤禁煙、⑥心の健康の6 項目に取り組む ことを宣言します。


「実施結果レポート」を健康保険組合へ提出し 審査の結果、達成基準(合計点数80点以上)を満たした企業に、健康保険組合連合会東京連合会が発行する「健康優良企業 銀の認定証」が交付されます。

東京連合会HP(https://www.kprt.jp/index.html)より

こころからからだまで健康に気を付ける取り組みを、会社として実施しているという証明ですね!新型コロナウィルスも流行っておりますし、とても大切な取り組みです。

今後どうしていきたいか

今後は「健康優良企業認定証」がなければ申請することができない 経済産業省の健康経営優良法人認定制度「健康経営優良法人」の認定を獲得したいです。

健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。


健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目標としています。


本制度では、規模の大きい企業や医療法人等を対象とした「大規模法人部門」と、中小規模の企業や医療法人等を対象とした「中小規模法人部門」の2つの部門により、それぞれ「健康経営優良法人」を認定しています。

経済産業HP(https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/kenkoukeiei_yuryouhouzin.html)

PAMグループは、「中小規模法人部門」の「健康経営優良法人」の申請中です!

どういう想いでやっているか

現在PAMグループでは、2020年より「健康経営委員会」を設置しました。そこではPAMグループではたらく社員が、こころもからだも健康でいられるように支援活動していくよう活動しています。

活動内容としては、「健康優良企業認定証」取得のほか、「健康経営優良法人」の申請。細かいことでいうと自動販売機やオフィスグリコの内容の変更(カフェインドリンクを減らしたり、カップラーメンを販売しなくしたり)。あとは産業医をつけたりと他にも様々なことを行っています。

どこの会社も働く上で必ずストレスがあると思います。PAMグループの健康経営委員会では、そんな中で少しでも気持ちよく働けるよう会社としてできることをしています。

PAMグループで大事にしている「笑顔と業績」。業績を追うだけでなくPAMグループの社員やその家族、クライアントなど関わるみんなを笑顔にするために、今後も活動しています!