社内イベント「画伯集まれ」実施!

画伯集まれ

こんにちは!

今回は、社内横断コミュニケーションイベント「画伯集まれイベント」を実施しましたので、その様子をレポートします!

なぜ横断コミュニケーションイベントを実施するのか

PAMグループでは、グループ横断でのイベントを大切しています。例えば、ハロウィンやクリスマスなど季節イベントは文化として定着しており、PAMグループ全社員を巻き込む大イベントです。

今回の「画伯集まれイベント」は、全社員対象ではなく8人と少人数で実施し、絵に興味のある社員を集めコンテンツを楽しみました。

イベントを実施する想いとしては、グループ横断でイベントを楽しむことによって非日常感を楽しんでいただくことや、他事業部との関係性構築を目的にしています。

他事業部との関係性を構築することで、場合によっては新規事業や新たな発見が生み出されるかもしれません。

「画伯集まれ」コンテンツ①

一つ目のコンテンツとして、2人1ペアになり、お互い似顔絵を描きました。

みなさん短い時間の中で、必死に書いている姿は愛おしく、画伯集まれといっても絵が上手な社員が集まっているわけではないので、作品によっては笑いが絶えない作品で盛り上がりました(笑)

絵を描くだけではなく、チャームポイントも発表することで、「あ~自分ってこう見えているんだ」と発見にもつながりました。(※もちろん悪口は禁止の上です!笑)

似顔絵の絵

「画伯集まれ」コンテンツ➁

続いて「ポンコツペイント」というゲームを実施しました。

▼ポンコツペイントとは

ここはかなり盛り上がり、丸と直線だけでどう表現するか、画数をどれだけ少なく描けるか、試行錯誤しながら取り組んでいました。

ポンコツペイントをやっている絵
司会の絵

参加した社員の感想

Hさん

参加して良かったです!めちゃめちゃ楽しかったです。
正直絵は得意ではないので、楽しめるか不安でしたが、「ポンコツペイント」は絵が上手/下手はあまり関係なく楽しめました(笑)

これを機会に絵描きに興味をもったので、クリエイティブ会社のピースにいろいろ教わろうと思いました(笑)

さいごに

PAMグループは、横断コミュニケーションを大切にしています。PAMグループの大事にしている原理原則の「笑顔と業績」の「笑顔」をこういったイベントを通じて形成していきたいと思います!

集合写真