Zoomの新機能使ってみた「バーチャル背景としてのPowerPoint」

みなさんこんにちは!
コロナに伴いオンラインミーティングやオンラインでの提案が増えているかと思います。

そんな中、Zoomがアップデートをしたのですが、なんとその新機能が最高すぎるのでこちらで使い方を紹介したいと思います!

アップデート内容

バージョン5.2.0では多くの機能改善がされたようですが、特にいいなと思ったのは以下の2つです。

①ビデオの明るさ調整(低照度に対して調整)
⇒逆光などで顔が暗くなってしまうことがこれで解決します!印象も良くなるので超大事。

②スピーカーのオーバーレイ(PowerPointを仮想背景として共有)
⇒今回使ってみたのはこちら!待ってましたという機能です。

 

使ってみた

さっそくですが、まずは実際の使用シーンを見て頂いたほうが早いと思います。
弊社人事の木原が使ってみた動画をご覧ください!

いかがでしたか?
画面共有したい資料に、スピーカー(プレゼンター)をかぶせてくれるのでプレゼンなどには打って付けの機能ですよね。
あとは授業や研修などにもいいですよね。

注意事項としては、スピーカーで資料が隠れてしまうこともあるということです。
資料に合わせたポジション取りや、あるいはスピーカーの余白ありきで資料作成してもいいかもしれません。

また、今のところPowerPoint(パワーポイント)にしか対応していないようです。まだBETA版ということで、今後の機能改善に期待ですね!

 

設定方法

設定方法は非常に簡単!

①いつも通り「共有画面」をクリック。

②「詳細」タブに切り替えて、「バーチャル背景としてのPowerPoint」を選択。

③共有したいPowerPointを選択すればOK。

以上、簡単ですね!

※アップデート方法について
アップデート方法もこの際に覚えておきましょう。Zoomアプリを起動後に右上のアカウントからメニューを開き、「アップデートを確認」をクリックするだけで、後は自動的に更新されます。

スピーカーのポジションや大きさなど自由に変えられますので、何度か使いながら丁度いい設定を探してみてください!
引き続きPAMグループではトレンドの情報など、発信してまいります。