【社員のおすすめ書籍】他者と働く

オススメ本紹介(他社と働く)

👦藤井>今回オススメしたい本はこちらです!「他者と働く「わかりあえなさ」から始める組織論:宇田川 元一 (著)

 

コミュニケーションって何を大切にしたらよいのだろう!ということが書かれています

 

すべての厄介な問題は、関係性のなかで起きていて、現場で起きる「わかりあえなさ」から始まる諸問題は、ノウハウで一方的に解決できるものではありません。その「適応課題」と呼ばれる複雑で厄介な組織の問題をいかに解くか。そんな内容となっています。

 

自分の正義は一旦脇に置き、相手を観察し相手の立場に立つことで、新たな解決策を見つけることができる。
始終同じことを繰り返し述べているだけ(それだけ大事な内容であると言うのは伝わりますが)なので、「組織論」を学びたいと期待している人にとっては物足りないのではないかと思います。

 

ただ、自分の普段の行動と照らし合わせながら本書を読むことで、いかに自分が自分の正義の中でしか物事を考えられていなかったかを痛感させられました。
自分の正義を一旦脇に置き相手を観察する。たったそれだけで、解決できることがあると期待させてくれたので個人的には満足いく一冊でした。

  

チームで働いたり、在宅勤務でコミュニケーションを前より取りづらい今だからこそ、この本は、この時期にピッタリだと思っています。

 

🔥新卒2年目人事>

コミュニケーション、対話について学べるのですね!

 

▼Amazonで詳細を確認
https://www.amazon.co.jp/dp/4910063013/