360°フレームワーク【バリューチェーン】

バリューチェーンの破壊

1.バリューチェーンの可視化


現状のバリューチェーン、もしくは業務フローを書き出してみてください。

フォーマットはありませんので、自己流に書いてみましょう。

参考になる観点としては「登場人物が誰か」「作業が何か」「成果物が何か」などがわかると良いでしょう。
また、自分の業務の周辺領域だけではなく、可能な限り俯瞰して他の部署まで含めた全体像を描くことをしてみてください。

 

2.破壊してみる


書き出したバリューチェーン(業務フロー)の一部を消してみたらどうなるか、または全然違うオブジェクトに書き換えてみたらどうなるか、を考えます。

今まで必須だと思っていたあの作業やあの人が、実はいらないじゃん、なんてことに気づくこともあります。

 

いかがでしょうか。
破壊することまでは難しくても、常にバリューチェーンを頭の中に描いておくことで俯瞰した捉え方が出来ますのでお勧めです。

 
ぜひトライしてみてください!