転職は何歳まで可能なの?年代別に転職で求められること

転職は何歳まで可能なの?年代別に転職で求められること

転職したいと思っているけど、年齢を考えると希望する企業に転職できるか不安だという方もいらしゃるのではないでしょうか。一般的に、転職は若い方が有利と言われていますが、実際には何歳までが転職の適性年齢なのでしょうか。この記事では、転職で求められることを年代別に解説します。

①一般的な転職は何歳まで?

転職でよく言われるのが「35歳の壁」という言葉です。これは35歳を超えると、転職が難しくなる状況を指しています。では、本当に35歳を超えると転職は難しいのでしょうか。

総務省統計局が公表している「労働力調査(令和2年平均)」によると、転職者が最も多い年齢階級は25歳~34歳でした。これは、売り手市場で新卒採用が難しい状況の中、第二新卒や若年層の中途採用を積極的に行っている企業が増えていることも一つの要因となっています。一方で、35歳以上の年齢階級での転職者数は少なくなっていますが、減少は非常になだらかで40代や50代でも転職の需要があることがわかります。

年齢だけを見ると、「若ければ未経験でも可」とする求人が多いため、転職においては若年層の方が有利かもしれません。しかし、人材不足で即戦力となる人材が欲しい企業や、スタートアップやベンチャーで若い社員しかいないため、経験豊富なベテラン社員が欲しいといった企業もたくさんあります。

そのため現在では35歳以上でも、比較的転職しやすい環境になってきていると言えるでしょう。

年齢階級別転職者数(2020年)

総数 15~24歳 25~34歳 35~44歳 45~54歳 55~64歳 65歳以上
319万人 59万人 73万人 60万人 59万人 47万人 20万人

参考:総務省統計局「労働力調査(令和2年平均)

➁年齢別 転職に求められていること

前述の通り、20代では「未経験でも可」の求人が多く、経験やスキルがなくても、ポテンシャルを期待されて採用されるケースはあります。しかし、30代以降では「意欲」や「熱意」だけでは、転職は成功しません。30代~50代とそれぞれの年代に合わせたスキルが求められます。

・30代の方の転職

30代の方の転職で企業から求められるのは「即戦力」となる実務経験やスキル・知識です。前職での経験を活かして、入社後すぐ会社に貢献するのが理想です。専門的なスキルはもちろんですが、コミュニケーション力や判断力といった、すべての職種に共通するスキルも必要となります。また、将来の管理職候補としてマネジメント能力やリーダーシップ、部下や後輩を指導する力も必要です。

30代の転職では、入社後すぐに即戦力と活躍することが求められます。そのため、これまでの経験を活かせる同業種、同職種へは比較的転職しやすいようです。しかし、未経験の業界や職種でも、ITや介護・福祉、運輸など人材不足の業界では積極的に採用する傾向にあります。

・40代の方の転職

40代の方の転職で企業が求めるのは、専門的なスキルや知識、マネジメント経験です。そのため、専門性や業界内での実績がある人は、ヘッドハンティングの対象となるなど、企業は積極的に採用する傾向にあります。一方で、これらのスキルが不足している場合には、転職は厳しい状況にあると言えます。

他の年代も同様ですが、40代で転職を目指す方は、これまでのキャリアの中で身につけた経験やスキルを整理しておくことが大切です。自分のスキルをきちんと整理してアピールすることで、転職のチャンスは大きくなります。マネジメントの経験があれば、未経験の業種や職種でも採用の可能性が高くなります。

・50代の方の転職

50代の方の転職は、定年まであまり働ける年数が無いことや、若年層より給与が高く人件費がかかることから、他の年代より転職は厳しいと言われています。しかし、スタートアップやベンチャーといった若い企業では、これまで培ってきた豊富な経験実績、広い人脈に期待する企業も多くあります。

一方で、50代の方はこれまでキャリアを積んできたことから、プライドが高く扱いづらいのではないかと不安に思い採用を見送る企業もあります。50代の方が転職を目指す際には、謙虚さや柔軟性をアピールすることが大切です。

まとめ

「35歳の壁」と言われるように、これまで35歳を過ぎると転職が難しいと言われてきました。しかし、データを見ると40代・50代の方でも転職を成功させている方はたくさんいます。労働人口減少により人材不足から、今後も積極的に中途採用を行う企業は増えると考えられます。これまでの経験やスキルを活かして、転職を目指してみましょう。